中学校 英語

リスニングを行いながら演習量を確保

CASE

単元名
関係代名詞
学年
中学3年生
利用ツール
教科書、紙ワーク、Qubena
 学習活動
導入
(5分)

前時のふりかえり

展開
(10分)

自分で作文・発表タイム
前時で提示した関係代名詞(who, which, that)を使って文章をつくり、5人グループになって発表し合う

演習
(15分)

Qubenaワークブック(関係代名詞+リスニング)
リスニングも指定問題としてワークブックで配信
子どもたちが取り組む間、先生は机間巡視しながら質問に答えたり手が止まっている生徒へ声掛けしたりする

まとめ
(15分)

紙のワークとあわせて単元の内容整理

課題

授業に合った内容でリスニング問題に触れ、実践力を養いたい。

効果

これまで把握しづらかったリスニング問題への取り組みも管理画面で確認できるように。授業内容と関連のあるリスニングで、生徒の学習意欲や「できた感」も向上。